バイトデビューの注意点

バイトの志望動機

バイトの採用面接のときに必ず聞かれるのが、志望動機です。なぜこの仕事を選んだのか、ということを具体的に自分の言葉で言わなくてはなりません。いくらバイトとはいえ、短期バイトでない限りは早々に辞めてもらっては困るのです。バイト1人を雇うにしても人件費や制服代など費用がかかるので、いい加減な人を採用するわけにはいきません。ですので、いい加減ではないということを面接や履歴書で証明しなければなりません。履歴書や面接もバイトだからと適当にせず、丁寧な字、真摯な態度で臨みましょう。採用してもらうには、この人と一緒に仕事をしたいと印象付けることが一番大切です。

志望動機のポイントは、なぜ他の仕事、店ではなくここを選んだのか、ということをはっきりさせることです。
例えば、焼肉店のバイトを志望したときに、焼肉店の店舗はたくさんあります。その中からなぜここなのか、ということを言うと、好感度も上がります。就職活動ではなくバイトなので、きちんとした理由があれば生活費を稼ぎたい、自宅から近い、高い時給に惹かれて、貯金をしたい、というお金や労働条件に関することでも理由になります。ただし、言い方には気をつけなければなりません。理由がそれだけだと動機不純のように思えてしまうので、そうではなくお店のこんなところに惹かれた、こういう接客が出来るのはこの店しかないと思った、スタッフの元気な様子が他の店とは違ったので、など、一番の理由は別なものにして、あくまで補助的な志望動機として言うのがポイントです。また、自分が何を出来るのか売り込むことも重要です。それをこの場所で活かしたい、ということもアピール出来れば完璧でしょう。面接や履歴書のポイントを押さえて、雇いたいと思われる人材になりましょう。

Leave a comment